初めての引越し注意点は?賃貸物件を契約する前に絶対確認して欲しい5つのテクニックとは?

【初めての引っ越し】必見!失敗したくない!賃貸マンション・アパート物件を契約する前に絶対確認して欲しい5つのテクニックとは?

 

 

知らない土地での不動産物件探しってホント不安ですよね?

知っている土地でも、意外なトラブルは案外多いものです。

 

引っ越しの失敗を絶対したくない人は、参考になると思いますので是非読んでみてください!!

 

引っ越しにかかる金銭的な負担 

スポンサーリンク

 

私Kokoroパパは20年くらい前、親から自立して、

もう6回の引っ越しを経験しました。

 

そのうち、直近の2度の引っ越しは持家なのですが、以外の4回は賃貸アパートや賃貸マンションでの引っ越しです。

 

引っ越しは月8万円の家賃だとしても、最初に掛かるお金は最低でも家賃の3~5倍近くかかります。

(※あくまで参考です。)

 

 

○家賃8万円のアパートを借りると仮定した場合

(※物件によって請求分はかなり異なりますので参考までに・・・)

 

  • 当月日割り、翌月家賃
  • 共益費・管理費(2000円以上)
  • 仲介手数料(家賃50%~100%が相場)
  • 敷金(1か月~2.3か月分)
  • 礼金(1か月~2か月分)※首都圏は、最近は請求がない大家さんが多くなってます
  • 賃貸住宅保険料 ※3万円くらい(必須が殆ど)
  • 保証会社への支払い料金 5万~10万位 (保証人がいない場合や親族が他県在住だと必要な場合が多い)
  • 鍵交換費用等 1万円弱
  • 引っ越し費用(ちなみに埼玉から神奈川まで5人家族で25万位でした)

 

 

家賃8万円ならざっくり計算しても・・・

 

 

約50万円以上は必須です!!

 

 

 

「・・・・・・」

 

 

絶対、失敗したくないですよね!?

 

 

「住環境最高!自分にピッタリで、家賃も希望通りが理想!!」

 

それが無理でも、出来るだけ理想に近い物件を見つけたい!!

 

 

あなたは、挨拶するとき相手の眼を見て挨拶できてますか?

↓    ↓    ↓

参考:目をそらす、相手の眼や顔を見ない挨拶は最低!そっけないし感じ悪い人だ・・・!

 

 

そもそも引っ越しの失敗とは? 【実体験の敷金トラブル・・・】

 

  • 「お~かっこいい物件だなぁ!!」
  • 「ここに住みた~い!!」
  • 「駅からも近いしっ!!」

 

「よしここに決めた!!」

キャプチャ

photo by : Janssem Cardoso

と、すぐに契約してしまっては絶対ダメ!!

 

 

ちょっと落ち着いて考えてみましょう。

 

引っ越しの失敗とは何なのでしょうか?

 

  1. ご近所トラブル(上下階の音・隣人とのトラブルなど)
  2. 夜間騒音がひどい
  3. 日当たりが悪い
  4. 湿気がすごくてカビだらけ
  5. 住宅設備の不備
  6. 契約上のトラブル
  7. その他

 

 

などなどたくさんあります。

 

 

1、の「ご近所トラブル」については正直、実際に住まないと解らない部分でもあります。

   ↓     ↓     ↓

大家さんや不動産仲介業者に聞いて、トラブルが無い事をしっかり確認するしかないです!!

 

※「嘘をついていない(虚偽記載していない)」と契約書に記載してもらえることもあるそうです。

 

2、の夜間騒音やそれ以下のトラブルについては、事前にしっかりと大家さんや仲介業者さんに聞いて、調べておくことをお勧めします!!

→不安な点が少しでもあったら、面倒くさがられてもいいから、もう一度物件を確認する!!

※その他、湿気の問題や住宅設備の確認などは賃貸契約書を基準に、大家さんや不動産仲介業者さんとしっかり確認をし合い、契約書に明記してもらうことで、ある程度のトラブルは防げますよ。

 

※kokoroパパの敷金トラブル

退居時、1年半位しか住んでいないアパートなのに、敷金3か月分(約30万円)が返ってこず、しかも、プラス5万円程請求されたことがあったんです。理由は、壁紙全取り換えや、その他すべてをキレイにするという内容でした。

 

「煙草も吸わず、部屋は全然汚れてないのにですよ!!」

 

不満を言ったら、

「契約書よく見て!」とやや粗い口調で言われ、まだ25歳くらいだったkokoroパパは泣き寝入りして悔しい思いをしました。

今想えば、悪徳不動産業者だったのだと思います(笑)

 

この失敗を検証すると・・・

契約書に記載されている【敷金について】をしっかり読まなかったことが大きな原因

このトラブル以降、めんどくさがらずに契約書をしっかり読むことにしてます。

 

あと、敷金をしっかりと返してもらう為に、不動産屋さん立ち合いの元、入居時のお部屋内の写真を撮り、それを契約書に記載してもらうなどの自己防御行動をしっかりとっておくことをお勧めします!

 

人間関係のストレスってかなりつらい・・・

↓   ↓   ↓

 

参考:人間関係がウザイ!学校・職場・ママ友・近所付き合い「人を無理やり好きになる!」たった2つの秘訣

ピンチ②

初めての引越しでも失敗しない!理想の賃貸住宅を捜す5つのテクニックとは?

スポンサーリンク

 

まず、

自分が住みたいエリアや間取り、家賃を大まかに決めますよね?

 

 

そうしたら、まずは行動です!

 

 

photo by : Nicolas Alejandro Street Photography

 

失敗しない!理想の賃貸住宅を捜す5つのテクニックとは?

 

  1. まずは住んでみたいと思う、理想のエリアを実際に散策してみる。(何度も!)

  2. この物件「お!いいなぁ」と思ったら、不動産屋さんの看板を探し、TELして家賃と間取りを聞いてみる
    →看板が無ければ近所のお店や住んでいる人に聞いて、大家さんと不動産屋さんはどこですか?と聞いてみる。

  3. 「ここだ!!」と思ったら何度も足を運び、日当たりや夜間騒音などを出来る限り調べる
    →引っ越し先が遠方の場合は、確認できないのでしっかり不動産屋さんに確認する。

  4. 不動産屋さんのお勧め物件も、書類上や1度見ただけで判断せず、何度も自分の足で周囲の様子を見て歩く。

  5. 賃貸契約書は何度も何度もしっかり確認する
    →その場での契約はせず、一度落ち着いた環境で契約書を確認する。

 

  • 自分の足で物件を何度も確認する!!
  • 賃貸契約書は面倒くさがらず、しっかりと何度も記載内容を確認する!!

 

これが何よりも大事な事!

 

「聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥」

 

後悔しない為にも、自分の目でしっかり確認する。

 

そして、

気になった事があったら遠慮せず、不動産屋さんや大家さんに「聞く!!」

 

「あの時しっかり聞いておけばよかった~」って失敗しない為にも、

たくさん足を運んで、質問してみて下さいね!

 

最後まで記事を読んで下さいまして、本当にありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

こちらの関連記事も役立つ情報が満載です。

コメントを残す

CAPTCHA